水道水の現状 of slimaqua


RO浄水器・ボトルウォーター・ウォーターサーバー専門工場
安全と美味しさを追求した水を、簡単便利なウォーターサーバーとともに、皆様のご家庭、オフィスに宅配します!

slim_logo5.pngslim_logo6.png

HOME > 水の豆知識 > 水道水の現状

bar_21.jpg

contents_11.jpg

水道水の現状

KIN210.jpg環境汚染の影響で、強い塩素処理は必要不可欠

環境汚染の心配がないころの日本では、井戸水や水道水も、飲んでおいしいと感じることのできる、いわば「生きた水」でした。自然の浄化作用で、ミネラルや酸素を多く含むきれいな水を作りだすことができたからです。しかし、現在の日本では、農薬や産業廃棄物、生活廃水といったさまざまな汚染源が増え、自然の浄化作用だけでは間に合わなくなってしまいました。
そこで浄水場では、活性炭の量を増やし、さらに強い塩素処理を行うことで対応しています。この「強い塩素処理」の問題点が、最近取り沙汰されるようになってきました。
そもそも塩素処理とは、河川の水を処理して水道水にするときに、塩素ガスを吹き込んで有害物などを取り除く処理のこと。水道水をきれいにするための処理なのですが、反面、かなりの発ガン性物質ができてしまうことが最近になって分かってきたのです。特にひどい汚染の原水を処理した場合には、発ガン性物質(有機塩素化合物 約15種類)が発生してしまいます。このような危険をはらんだ強い塩素処理があっても、浄水場では赤痢、チフスなどへの対策として、消毒用の塩素処理をしなければならないのが現状です。

水道水のクリプトスポリジウム汚染

1996年、埼玉県越生町の水道水によるクリプトスポリジウムという耳慣れない原虫による激しい下痢を伴う集団食中毒が起こり、この原虫による水道水の汚染が問題になりました。
この原虫は塩素に対して強い抵抗性を持つため、通常の塩素消毒では完全に殺菌するのは不可能なようです。


234_bt01.jpg
250_80_online.jpg
234_banner_03.jpg
234_banner_01.jpg
234_banner_02.jpg
250_80_blog.jpg
250_80_support.jpg
250_80_omousikomi.jpg

仙代テック株式会社
本社/兵庫県三田市東本庄2068-1
TEL 079-560-0410
FAX 079-560-0411

大阪営業所/大阪府茨木市新庄町8-10
TEL 072-645-3232
FAX 072-645-3233

ホーチミン支店/
担当責任者:Mr.Nguyen phung phuoc